山釣りと茸

tkaya.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

中国旅行(九寨溝・神仙池・黄龍)その8

今回の旅もいよいよ上海の2日間を残すだけとなった。
9月22日
玉仏寺を見学、ヒスイのお釈迦様の涅槃像が安置されている。(撮影禁止)
5体あったが、文化大革命で他所の4体は壊された。
b0102675_1212646.jpg
b0102675_1213998.jpg

豫園見物の前にまず腹ごしらえ。何時も食べてばかりでm(_ _)m
b0102675_1244450.jpg

雨に煙る豫園
b0102675_12121537.jpg

この龍が原因で、皇帝の勘気にふれ持ち主は左遷されたらしい。
b0102675_12133973.jpg

野外劇場の音響効果を考えた舞台の屋根
b0102675_12135537.jpg

豫園の点心
b0102675_1214954.jpg

夜は上海雑技団を見学
b0102675_12201028.jpg
b0102675_12202527.jpg

6台のオートバイの演技は圧巻だった。
上海の夜景
b0102675_1224265.jpg
b0102675_12243952.jpg
b0102675_12245318.jpg


翌23日 リニアモーターカーで浦東空港へ(約7分)
b0102675_13125126.jpg

最高時速の表示
b0102675_1315820.jpg

浦東空港、 いよいよ9日間に亘った中国ともお別れ。
b0102675_1321311.jpg


関西空港で今回ご一緒した皆さんとお別れ、大変お世話になりました。
また、ご一緒できることを期待して^0^^0^

<完>
[PR]
by tk440106 | 2007-09-30 13:30 | 旅行

中国旅行(九寨溝・神仙池・黄龍)その7

9月21日 11時杜甫草堂を見学
b0102675_10443211.jpg
b0102675_104455100.jpg

b0102675_10453059.jpg
b0102675_10454494.jpg
b0102675_1046076.jpg
b0102675_1046184.jpg
b0102675_10463371.jpg

昼食は陳麻婆豆腐店で(陳建一の出身、麻婆ナスが美味かった)
b0102675_10555824.jpg
b0102675_10561519.jpg
b0102675_10563024.jpg

昼食後CHENGDU空港から上海に向う。
7日間世話になったガイドの孫さんともお別れ。大変勉強家で熱心な人でした。
19時15分浦東空港に到着、早速夕食のため「留園」に向う。
b0102675_11153544.jpg
b0102675_11154941.jpg

味は日本人にぴったり、大好評! 特に、海鼠、キヌガサタケ・・・

世話になったガイド氏
  孫 洪涛 さん
  成都光大国際旅行社
  E-mail : sht5411910@163.com

 <続く>
[PR]
by tk440106 | 2007-09-30 11:28 | 旅行

中国旅行(九寨溝・神仙池・黄龍)その6

9月21日 8時に成都観光に出発せんとバスに乗り込み、いざ出発と思いきや、某O氏がパスポートを忘れたと叫んだ。ベッドの下に隠してきたらしい。(><);
成都の出勤風景
b0102675_2173442.jpg

武候祠を見学
b0102675_21132838.jpg
b0102675_21162636.jpg

b0102675_2225036.jpg
b0102675_2234949.jpg
b0102675_2242277.jpg

関羽の矛
b0102675_2243715.jpg

出師の表(岳飛書)
b0102675_2245230.jpg
b0102675_2251012.jpg
b0102675_2252832.jpg
b0102675_225429.jpg
b0102675_2255959.jpg
b0102675_2261566.jpg
b0102675_2262933.jpg

b0102675_22141382.jpg

b0102675_22143680.jpg


<続く>
[PR]
by tk440106 | 2007-09-29 22:25 | 旅行

中国旅行(九寨溝・神仙池・黄龍)その5

9月20日 今日は成都観光、8時半にホテルを出発、まずパンダ繁育研究基地へ行く。
b0102675_1615441.jpg

子供のパンダが45頭育てられている。でも見られたのは一頭だけ(><);
b0102675_1661332.jpg

その一頭も飼育員に抱かれて退散。暑さが苦手とのこと。
b0102675_1663778.jpg

赤ちゃんパンダは可愛かったよ。残念ながら撮影禁止。
園内に居たスリ。鞄のチャックを開ける手口。気が付いて助かった。
観光客の振りをしてカメラを構えている。(苦笑)
b0102675_1610333.jpg

食事を取るレッサーパンダの群れ
b0102675_16133991.jpg

11時に三星堆博物館に向う。
b0102675_16221194.jpg

園内でラーメン、ワンタン、水餃子で昼食。
b0102675_16223225.jpg

1986年三星堆遺跡が発見されるまで長江には古代文明は無かったとされていた。
発掘現場と青銅器・金箔等
b0102675_17101885.jpg
b0102675_17103364.jpg
b0102675_17104964.jpg
b0102675_1711635.jpg
b0102675_17112088.jpg
b0102675_1711379.jpg
b0102675_17115794.jpg
b0102675_17121237.jpg

キノコ鍋の夕食(松茸のお替り・・・・) ^0^ 美味かった!
b0102675_17222551.jpg

夜、蜀家川劇茶館で仮面ショー等を堪能した。
b0102675_17533192.jpg

b0102675_17535039.jpg


<続く>
[PR]
by tk440106 | 2007-09-29 18:00 | 旅行

中国旅行(九寨溝・神仙池・黄龍)その4

9月19日曇り、いよいよ黄龍登山の日が来た。
いざ出発とバスに乗り込んだがなかなかバスが出ない。某氏の部屋の懐中電灯が無いとのクレームがついたためだ。エー!懐中電灯・・・(絶句)そんなものあったか(皆知らない)。聞くと、部屋の引き出しの中に在ったらしい。そんなもの知るか!そんなもの盗むか!荷物が多くて困っているのに!停電した部屋では真っ暗な中で苦労したのに!・・・
いくらモンクを言っても、馬の耳に念仏状態。「在った筈だ、弁償しろ」だ。それも40元(700円程。)40分モンクを言ったが埒があかない。時間の無駄・・・・フザケヤガッテ!ガイド氏が40元払っていた。・・・これでオリンピックをやるのか?
1時間半かけて黄龍入り口に到着
途中の4000mの峠から雪山を望む(中央に在るのが雪宝鼎山:見えるかな?)
b0102675_2124111.jpg

特注ラーメン(これは美味かった)で軽く腹を満たし、ロープウェーで山頂え。
b0102675_21334416.jpg

山頂駅の石楠花の群生(3500mなのに森林限界ではない?)
b0102675_228834.jpg

酸素ボンベを持つ人
b0102675_22174110.jpg

3600mに在る五彩池に着くと小雨がふりだす。4kmの下山道を池を見ながら・・・
b0102675_22192899.jpg

カルシュームを含んだ水が作った棚田
b0102675_22242116.jpg

b0102675_22312937.jpg

飛瀑流輝
b0102675_22382290.jpg

b0102675_22492870.jpg

4時半に黄龍をバスで出発し6時に九寨溝空港に着く。
b0102675_2311853.jpg

8時半に成都に到着し火鍋で無事を祝って乾杯
b0102675_2335364.jpg
b0102675_2371368.jpg


<続く>
[PR]
by tk440106 | 2007-09-28 23:08 | 旅行

中国旅行(九寨溝・神仙池・黄龍)その3

9月18日 いざ神仙池向わんとバスに乗り込んだ時、ホテルより某氏の部屋のコップが無いとクレームがつく。昨晩別の部屋で一緒に飲んだ時、持ち出しただけのこと。此れが翌日の悪夢に繋がるとは!
神仙池の入り口のホテル
b0102675_2127270.jpg

中国の大物が投資したアメリカナイズされた運営で、入場者数も制限されている。
未だ新しいので、ガイドブックも無いという・・・・?
コーヒーを飲んで、専用バスで1時間半かけて神仙池に向う。
途中の峠から(海抜3600m)
b0102675_21315082.jpg

神仙池のレストランで昼食(地域で一番美味しいとガイド氏は言う)
b0102675_21334974.jpg

4kmの木道を散策
b0102675_22435051.jpg

炭酸カルシュームを沢山含んだ水の造形美の数々
b0102675_21574158.jpg

まだ元気なメンバー(ガイド嬢と)
b0102675_2225044.jpg

金銀灘
b0102675_2232568.jpg

瑶池
b0102675_2215955.jpg

青龍池
b0102675_22174064.jpg

蓮台彩池
b0102675_22212133.jpg

むくつけき男達
b0102675_22294625.jpg

仙女池
b0102675_2231488.jpg

バラの実
b0102675_223652.jpg

トリカブトに似た花
b0102675_22365042.jpg

クマガイソウの群生(残念ながら花は終わっていた)
b0102675_22374392.jpg

一人寂しくホテルの前を歩くS氏
b0102675_23205962.jpg

3時間かけてバスで川主寺(2920m)のホテルに向う。
チェックイン時にガイドしが部屋の設備を確認して下さいと言う。(ナンジャ?)
案の定、僕の部屋にはミネラルウォータが無い・・・・(無いのが普通と居直る)。
鏡の割れた部屋、停電する部屋・・・、大物政治家の娘がやっているホテルらしい。
これで来年、五星になるという(><); 岷江源大酒家
b0102675_236127.jpg

翌朝 もっと大変なことが・・・・(ガーン)

<続く>
[PR]
by tk440106 | 2007-09-27 23:17 | 旅行

中国旅行(九寨溝・神仙池・黄龍)その2

九寨溝観光はまだまだ続きます。
大変ブルーの色が綺麗な五彩池(唯一の池)
b0102675_21292398.jpg

臥龍海(龍が眠っているように見える)
b0102675_21395694.jpg

チベット族の村
b0102675_2140485.jpg

名も知らぬ花
b0102675_21431644.jpg

新九寨溝賓館と夕食
b0102675_21555268.jpg

b0102675_21561211.jpg

二晩泊まったがこの食事が酷い!(日本人が多いホテル)
一テーブルにつき10人前出てくるシステムになっているらしい。われわれは13人のグループのため当然足らない。補充しろと言っても、ホテル側はなっとくしない。2晩とも揉めた?
日本人の観光客相手のため、何を言っても通じない。クレームをつける我がグループは珍しいらしい。一方10人以下の場合は当然10人前で出るため余っている?
明日は神仙池観光だ、ばかばかしいから白酒飲んで早く寝よ・・・・

<続く>
[PR]
by tk440106 | 2007-09-26 22:25 | 旅行

中国旅行(九寨溝・神仙池・黄龍)その1

9月15日6時50分、光ちゃん夫妻と新百合ヶ丘から羽田に向う。
関空で今回のメンバーと集合
b0102675_22161846.jpg

上海で成都行きの予定の便が無くなりトランジットの時間が多くなり、荷物まで出てくる?
浦東空港の増設中の第二空港
b0102675_22293668.jpg

上海で最初の中華の夕食で早速皆で決起大会(一人500円程)
b0102675_2234656.jpg

b0102675_22344189.jpg

最終便で成都に到着。
翌16日九寨溝に向うも、九寨溝が雷のため飛行機が飛ばず、CHENGDUで2時間も待たされ,13:30に到着。
到着した飛行機の前で(3,600mで空気の薄さを実感する)
b0102675_225264.jpg

何十年か前の海外旅行?歩くと少しふらつく感じ!
b0102675_22592299.jpg

バスで1.5時間かけて九寨溝に行く。
ヤクを追うチベット族。
b0102675_23104971.jpgb0102675_23113236.jpg









やっと九寨溝に着くも、16時を過ぎたため入園出来ず。翌日に期待。
ホテルの夕食
b0102675_23224943.jpg

17日 快晴(雲ひとつ無い)。チャーターバスで九寨溝見学だ!
1974年(?)に発見されたとのこと。
入り口にて
b0102675_23253276.jpg

九寨溝葦の群生
b0102675_23302443.jpg

樹正瀑布
b0102675_23335936.jpg

鏡海(朝早くは波が無く綺麗に写る)
b0102675_2339379.jpg

五花海と雪を被った岩山・海底の倒木の生け花
b0102675_23501774.jpg

b0102675_2355479.jpg

九寨溝の岩魚(裸鯉と言う) うようよ居るが捕獲禁止(><):
b0102675_004098.jpg

チベット族の民族衣装を着せてもらう観光客
b0102675_06195.jpg

海底の倒木と赤樺
b0102675_018644.jpgb0102675_0182911.jpg


















此れがかの珍珠灘瀑布
b0102675_026610.jpg

海抜3150mの長海
b0102675_0371837.jpg


<続く>
[PR]
by tk440106 | 2007-09-26 00:55 | 旅行

久しぶりの岩魚釣

木曽川の源流に岩魚を求めて、師匠と1時半に横浜を出発した。
現場に到着するも未だ日の出前のため、一眠り。釣り人がいたので、そこから釣り下がる。
釣果はぼつぼつ・・・・(><);
2時間ほど経ったので、出発点から釣り上がる。
さっそく落ち込みの深みで型の良い岩魚がきた。その後、快調に当たりが続いた。
型の良いあまごと岩魚が半々といったところ。
b0102675_1410542.jpg
アマゴは引きが強く、流れに乗せると持っていかれそうになる。
昼過ぎに切り上げて、正沢川に向かう。
水量も多く流れも早い。上流部でやっと竿を出すも、小型の岩魚が出るのみ。
早々に切り上げて帰路に着く。中央高速は25キロの渋滞、ウーンマイッタ・・・。
[PR]
by tk440106 | 2007-09-03 14:30 | 渓流釣り